システムエンジニア – しすてむえんじにあ

システムエンジニアのお仕事

システムエンジニアの仕事内容・資格取得・年収などを解説しています。

システムエンジニアとは?

 エンジニアと一口に言っても様々な職種がありますが、システムエンジニア(SE)もその中のひとつです。システムエンジニアと聞くと、パソコンを使ってプログラミングを行う職種というイメージを持っている方も多いかと思いますが、クライアントから要望をヒアリングした上で、システムの設計を行うことがシステムエンジニアの主な仕事内容となります。

システム開発は、基本的に要件定義・システム設計・プログラミング・テスト・リリース・保守といった流れで進んでいきますが、システムエンジニアは基本的に上流工程と呼ばれる要件定義や設計を担当します。

要件定義とは、クライアントからヒアリングを行うことにより、どのようなシステムを求めているのかを明確化した上で、システムに必要な要件を定義していく工程です。具体的には、クライアントが抱えている課題や悩みを聞き取った上で、どのような形で解決すべきなのかを検討して要件分析書にまとめます。そして、作成した要件分析書をもとに、クライアントの要求を実現するための要件を定義します。

また、システム設計は文字通りクライアントのニーズを実現するためのシステムを設計する工程です。システム設計は、大きく基本設計と詳細設計の2段階の工程に分けられます。基本設計では、要件定義で明確化した要件をもとに、どのような機能を搭載するのか、情報をどのように表示するのか、どのように操作するのかといったシステムの基本的な設計を行う工程です。そして、基本設計でまとめたシステムをプログラマーがプログラミングするために必要な設計を行うのが詳細設計です。

以上の要件定義やシステム設計がシステムエンジニアの主な仕事内容となりますが、プログラミングが完了した後に設計通りにシステムが動作するのかを確認するテストもシステムエンジニアが担当します。さらに、リリース後のシステムに障害が発生した際に対応する保守や、日常的なシステムのメンテナンスもシステムエンジニアが担っています。

システムエンジニアになる為には?

 上記の通り、システムエンジニアの仕事内容は多岐にわたりますが、新卒や第二新卒でない方が未経験からシステムエンジニアになる為には、まずプログラマーを目指すのが一般的です。システムエンジニアはプログラマーの上位職に位置付けられており、プログラマーを統括して指揮する立ち位置なので、まずはプログラマーとして働いてプログラミングスキルや設計スキルを磨いた後に、ステップアップするのが王道の流れです。

近年は、未経験の求人も増えていますが、実際は段階的にシステムエンジニアへとステップアップしていくという内容になっています。システムエンジニアは、システム開発における上流工程を担う非常に重要なポジションなので、十分な経験や知識を有していない務まりません。そのため、未経験の方がいきなりシステムエンジニアとして採用されることは非常に稀です。

また、未経験からシステムエンジニアを目指したいという場合は、IT関連の基礎知識とプログラミングスキルを身につけておくことが重要です。加えて、論理的な思考力も求められますが、これらのスキルを習得するために資格を取得するのも良いでしょう。

システムエンジニアを目指す上でおすすめの資格としては、ITパスポート試験・基本情報技術者試験・応用情報技術者試験・システムアーキテクト試験・オラクル認定資格試験・ネットワークスペシャリスト試験などが挙げられます。特に、国家資格である情報処理技術者資格の1区分であるITパスポート試験・基本情報技術者試験・応用情報技術者試験の3種類の資格は、システムエンジニアに欠かせない知識を有していることを証明できる資格です。未経験の方は、まずスキルレベル1に相当するITパスポートの取得を目指し、最低でもスキルレベル2に相当する基本情報技術者試験まで取得しておくのがおすすめです。

また、上記の通り近年は未経験者でも募集している企業も増えており、充実した研修環境を整えているケースも少なくありません。業務内容について十分に確認しておく必要はありますが、このような企業に就職できれば独学よりも短期間で効率的にシステムエンジニアに必要な知識やスキルを身につけることができます。

システムエンジニアの年収は?

 システムエンジニアの年収に関しては、令和元年度のシステムエンジニアの年収は厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、きまって支給する現金給与額(企業規模計10人以上)が「38万0000円」で、年間賞与・その他特別給与額が「112万9000円」ですので、平均年収は約569万円となります。

システムエンジニアの将来性は?

現在、国内のIT市場は急速に拡大しており、その流れは当面の間続くと予想されていますが、急速な市場規模の拡大に伴ってIT業界では慢性的な人材不足に陥っています。中でもシステムエンジニアへの需要は非常に高く、通年で募集をかけている企業も少なくありません。特に、高いプログラミングスキルに加えて、論理的な思考力やコミュニケーション能力を備えた人材はどの企業も欲しています。なお、システムエンジニアは3K(きつい・厳しい・帰れない)と言われることがありますが、近年は働き方改革などの影響から仕事環境は大幅に改善しています。

システムエンジニアの求人も多数あります

 公開求人数は99000件以上、地域・職種・年収などから求人情報が検索できます。自分で探す以外も、エージェントサービスやスカウトサービスなどを活用し転職活動が行なえます。

STEP.1
仕事を探す

まずはお仕事検索してみましょう!

STEP.2
応募書類作成

テンプレートがありますので安心、またガイダンスに沿って簡単に職務経歴書が作れます。

STEP.3
応募

気になった求人に応募してみましょう!

STEP.4
面接→入社

入社後も困ったことがあれば相談できます。

ご利用はこちらからどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。