乙6類危険物取扱者の独学(勉強期間は1週間)

乙種6類危険物取扱者

乙種6類危険物取扱者の資格を取得した時に実践した勉強方法を紹介しています。誰でも受験でき、ハローワークでの求人数は少ないと言うよりも、ほぼない国家資格ですが転職・就職の為に取得して見ませんか?

乙種6類危険物取扱者試験

乙種6類危険物取扱者試験は科目ごとに、それぞれ60%以上の点数で合格です。

令和元年度(平成31年)の合格率は66.5%で、前の過去3年を見ても60%台の合格率になっています。

危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法の独学

乙種6類危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法(試験での問題数は10問)

乙6で覚える危険物は他の乙類に比べてかなり少ないです。

乙6の性質並び消火の勉強方法は、危険物の物品名(危険物の名前)・品名(〇〇類など)・形状(色や液体、個体、結晶など)・溶解(水に溶ける、溶けないなど)・消火方法をノートにまとめて暗記しました。

例えばこんな感じです。

過塩素酸 – 無色の液体 – 水を加えると熱を発し溶解 – 強い酸化力 – 水より重い – 消化はたくさんの水で流す – 冷暗所に貯蔵 …

過酸化水素 – 無色粘性の液体 – 強い酸化力 – 水に溶ける – 水より重い – エタノール・エーテルに溶ける – 消化はたくさんの水で流す …

硝酸 – 無色の液体 – 水より重い – 強い酸化力 – 水より軽い – 消化困難 …

この他に発煙硝酸・三フッ化臭素・五フッ化臭素・五フッ化ヨウ素など、だいたい8種類の物品を上記のように(もっとたくさん)まとめて暗記しました。後は共通する性質や危険性などを覚え、過去問を繰り返して暗記(記憶)を定着させます。

危険物に関する法令の独学

殆どの方がそうだと思いますが、乙種4類危険物取扱者の資格保有のため試験科目免除でした。

勉強方法は乙種4類の記事で解説していますので、関連記事で探してください。

基礎的な物理学及び基礎的な化学の独学

法令と同じで、乙種4類危険物取扱者の資格保有のため試験科目免除です。

こちらも勉強方法は乙種4類の記事で解説しています。

使用したテキスト・過去問題集

この本の評価
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(2.0)
値段
(5.0)
総合評価
(4.5)

このテキストを使って危険物の特徴を上記のようにまとめました。値段が安く模擬試験問題も付いていますのでお得です。これ1冊で乙4以外の乙類全取得を目指せます!


この本の評価
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(3.0)
値段
(2.0)
総合評価
(4.0)

実際に私が受験した試験でも、このテキストの問題と似た問題が何問か出題されました。過去問だけではなく解説も収録されていますし、乙4以外の危険物はこの本1冊で合格を目指せますのでコスパも最高ですね!!


乙6の独学まとめ

乙6はしっかり勉強すればかなり短期間で取得できる資格です。

私も仕事をしながら、1週間1日1時間の勉強で合格することができました。90点(10問中9問正解)でした。

乙種6類危険物取扱者を取得すれば、第6類危険物(過塩素酸・過酸化水素・硝酸など)を取り扱うことができるようになりますが、ハローワーのクで求人は、全く無く(ハローワークインターネットサービス求人検索での検索結果は0件でした。2020年5月)転職・就職にも活用できるかもわかりませんが保有資格はふやせます!履歴書にも書けます!

第6類危険物の主な分類

品名(区分) 代表的物品名 指定数量
過塩素酸 300kg
過酸化水素
硝酸 硝酸
発煙硝酸
その他政令で定めるもの 一フッ化臭素
三フッ化臭素
五フッ化臭素
五フッ化ヨウ素
前各号のいずれかを含有するもの

危険物取扱者に関するその他の記事

乙4類危険物取扱者の独学(勉強期間は1ヶ月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です