清掃員 – せいそういん

清掃員のお仕事

清掃員の仕事内容・資格取得・年収などを解説しています。

清掃員とは?

 清掃員は文字通り掃除を主な業務とする職業のことで、オフィスビルや商業施設といったビルの清掃を担い、誰もが気持ち良く利用できるように清潔さを保つことが目的となります。
清掃員は大きく分けると室内、室外の2種類に分けることが可能で、それぞれ仕事内容が違ってきます。また清掃業務員とビル清掃員の他に、特殊清掃員やその他清掃員もありますから、仕事といっても業務の範囲は様々で全く勝手が異なることも珍しくありません。

清掃員の仕事内容

 清掃業務員はいわゆる自治体のゴミ回収を担う作業員のことで、仕事内容は各家庭や店舗などから排出されるゴミを回収、運搬して処理を行うものです。業務の中には動物の死体の処理、道路などの清掃や洗浄もあります。

ビル清掃員は名前のように、ビルを舞台に業務を担う清掃員のことで、仕事内容は施設内の各所の日常的な清掃から本格的なクリーニングにまで及びます。室内ではトイレや照明、空調に調度品の交換、室外ではビルの壁面や屋上、周辺のゴミ拾いなどが主な業務となります。床や天井だけでなく、窓ガラスも綺麗に保たなくてはいけませんし、清掃の範囲が広いことから効率良く作業する為の技術や経験が問われます。

客室清掃員は宿泊施設に従事するのが仕事で、仕事内容には客室を清潔に保つことだけでなく、ベッドメイキングもあります。チェックアウト後に手際良く客室の各部を拭いたりゴミを回収して、備品が欠けていれば補充、タオルやシーツなどは交換といった業務を行います。1人で複数の客室を担当するのが基本ですから、1部屋あたりに掛けられる時間が限られるので、使える時間から逆算して、時間配分を行い無駄なくこなすことが求められます。

特殊清掃員は孤独死などが発生した部屋において、害虫駆除や遺品の整理などを行う仕事です。
人が亡くなった季節や亡くなってから経過した期間にもよりますが、床や建具にシミができたり、簡単には落ちない状況が発生します。当然ながら害虫も発生するので、特殊清掃員の仕事内容は通常よりも落ちにくい汚れの除去に加えて、それ以外の業務もこなすことになります。害虫駆除もそうですが、臭いの除去や減菌処理、消毒なども行わなくてはいけないので、専門知識と過酷な環境で仕事をする精神力がないと務まらないです。

清掃員の仕事内容は他にも、病院や製造工場といった特殊な環境で従事したり、環境に応じて清掃を行うものがあります。病院は手術室を含むかなり特殊な環境なので、安全な医療行為に関わる清掃となりますし、相応の知識や技術、衛生に関する安全意識が問われます。
外部委託で病院で仕事をするには、病院清掃受託責任者のような資格があった方が良いです。
専門的な資格があるわけではないですが、感染症などのリスクが高い環境で仕事をするので、安全に従事する為の専門知識と技術が身につく資格を持つのが理想的です。

清掃員の年収は?

 清掃員の年収に関しては、令和元年度のビル清掃員の年収は厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、きまって支給する現金給与額(企業規模計10人以上)が「20万2800円」で、年間賞与・その他特別給与額が「17万5500円」ですので、平均年収は約260万円となります。

清掃員の将来性は?

 清掃員の将来性は?ゴミ回収業務の重要性を考えると、これからも当面はなくなることがなく、完全な機械化までにはまだまだ時間が掛かると思われます。仕事は単純なようで簡単ではありませんし、社会の維持に不可欠で責任感が求められますから、今後も安定していて需要、つまり求人がなくなることは想像しにくいです。万が一雇用契約が終了したとしても、経験が活かせるので転職しやすく、すぐに次の仕事が見つけられるはずです。

清掃員の求人も多数あります

 公開求人数は99000件以上、地域・職種・年収などから求人情報が検索できます。自分で探す以外も、エージェントサービスやスカウトサービスなどを活用し転職活動が行なえます。

STEP.1
仕事を探す

まずはお仕事検索してみましょう!

STEP.2
応募書類作成

テンプレートがありますので安心、またガイダンスに沿って簡単に職務経歴書が作れます。

STEP.3
応募

気になった求人に応募してみましょう!

STEP.4
面接→入社

入社後も困ったことがあれば相談できます。

ご利用はこちらからどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。