薬剤師 – やくざいし

薬剤師のお仕事

薬剤師の仕事内容・資格取得・年収などを解説しています。

薬剤師とは?

 名称にも用いられているように病気の完治や緩和、日々の生活をより良い状態で過ごすべく欠かせない薬剤の取り扱いをする仕事が薬剤師で、一言で薬剤と言っても様々な目的があるからこそ担っている役割も多岐にわたります。また、薬剤の種類や役割が豊富であるのと同様に陳列されて販売されているお店や専門家から患者さんに直接お渡しする施設などにも分類できるため、薬剤師の仕事内容は身を置き活躍をする現場によっても違いがあります。

薬剤師と耳にした際に働いている場所として特にイメージされやすいのが医療機関などの近くに構えている調剤薬局であり、医師が出した処方箋に基づき調剤を行う調剤業務をメインとしつつ、服用方法や意識すべき事柄などについても説明をします。同時に医療を目的とした医療品を正しく管理したり、一般向けの医療品の販売や管理などを行うのも薬剤師の仕事内容に含まれます。

薬剤はあらゆる研究を繰り返し行って安全性に長けている物が流通していますが、個々による体質や他の薬との兼ね合いなども相まって特別な変化が起こる事例もある様子から、薬剤師は患者におけるアレルギーの有無やこれまでに服用してきた薬の記録などをきっかけにして細部に至るまで考えを巡らせ、必要であると判断された時には医師に対し問い合わせも行います。そして、取り分けて病気や怪我などに見舞われていなくても普段の生活の中で利用する機会が多い場所として挙げられるのがドラッグストアですが、馴染み深いドラッグストアにも薬剤師が在籍しています。

ドラッグストアには医師からの処方箋が必要無い状態で購入可能な医薬品が販売されていますが、医薬品がドラッグストアにて気軽に買い求められる仕組みになっているのは薬剤師が常駐しているためです。一般向けの馴染み深い製品であっても管理や販売、お客様からの相談に乗りますし訪れるお客様の人数が多いお店の事例では積極的にレジを操作したり、納品された商品を陳列棚に陳列していく仕事もします。

また、患者さんなどが足を運ぶ病院にも薬剤師は常駐していて、調剤薬局と同様に調剤業務を行うのはもちろん入院をしている方に向けて服薬の仕方を指導したり、医師に向けて薬の情報を提供する事もあります。今日では平均年齢が高くなってきていたり、病院に行きたいものの体力面などが関係して病院に行けない患者さんも増えてきている様子から、薬剤師が直々に自宅に足を運び指導をする事も増加傾向です。

さらに、調剤薬局などで処方箋により薬剤が処方されるという事は専門機関から納品されているという事なので、薬剤師の仕事内容の中には製薬会社に勤務して病院や薬局に訪れてあらゆる薬剤の情報を提供する事例もあります。薬剤師になるためには定められた英語力を満たしている必要性は無いものの、今日では社会がグローバル化している事を受けて外国人に対し日本人と同様の説明をする必要に迫られるシーンも増えてきている様子から、できるだけ英語力は高めの方が活躍できる場が増えます。

勤務中の服装は医療機関だからこそ看護師などと同様に白衣を着用する事例が多いですが、今日では首周りがV字かつ半袖のスクラブという衣類を身につける事例も増加傾向です。半袖かつ丈が短い様子から動きやすいのに加えてお手入れが用意なのも特徴的なので、広い病院で活動する事例やドラッグストアなどで品出しも兼任している事例では重宝します。

加えて、スクラブは白衣のように白色に決められているわけではなくカラーのバリエーションも豊富なので、患者さんに対して身近な存在に感じてもらいやすかったり、緊張感が払拭できるといった強みもあります。持ち物においても看護師などと大きく変わりないものの、錠剤を半分にする機器など薬剤師の仕事内容ならではの物も多いです。

薬剤師になるためには?

 薬剤師法の定める薬剤師国家試験に合格する必要があり、資格を取得するためには6年間、薬学部に通学した後に薬剤師の国家試験を受けて合格し厚生労働省内の薬剤師名簿に登録することによって薬剤師を名乗る事が出来るようになります。

その他の受験資格としては、平成18年3月31日以前に4年制の薬学部に入学している場合は、卒業時に薬剤師国家試験の受験資格を与えられていますので受験し合格をし厚生労働省内の薬剤師名簿に登録することによって薬剤師を名乗る事が出来るようになります。

また法改正に伴う経過処置として平成18年4月1日~平成30年3月31日の間に4年制の薬科学科に入学し、4年制薬学課程を卒業している方で認定要件を満たす者は、申請により薬剤師国家試験の受験資格の認定を受けることができます。

薬剤師の年収は?

薬剤師の年収に関しては、令和元年度の薬剤師の年収は厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、きまって支給する現金給与額(企業規模計10人以上)が「39万8600円」で、年間賞与・その他特別給与額が「83万3300円」ですので、平均年収は約561万円となります。年収と月収が共に高めですし、こうした事が人気の職業として例年一定の高い支持を獲得し続けている理由の一つであり、支持され続けているのは、給与面だけでなく、他にも日々繰り返し行う仕事において強いやりがいを感じやすいためでもあります。

薬剤を使用しているという事は身体に変化を感じていたり、より良い生活を手に入れたいといった気持ちを持っているので、医師の判断に則った処方箋をきっかけにして薬剤を選びお渡しすれば、患者さんが気になっていた症状を緩和させられてますます充実した人生が送れるようになり、健やかになっていく様子が間近で見られるのは薬剤師ならではです。

薬剤師の求人

 厚生労働大臣認可のサービスで費用は一切無料です。また厳しい審査基準をクリアした職業紹介優良事業者で、ご利用者にマッチした長く働ける職場を提案します!

STEP.1
登録

まずは登録してみましょう!

STEP.2
面談(キャリアカウンセリング)

薬剤師専任のキャリアアドバイザーが対応。

STEP.3
お仕事紹介

ご希望条件や経験や職歴から皆様にあった求人を紹介(非公開求人も多数あります)
応募書類の作成も丁寧に添削してもらえます。LINEで相談も!

STEP.4
面接

面接にも同行可能で安心して臨めます。事前練習も!採用後のアフターフォローも!

ご利用は薬剤師の転職からどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です