医療事務 – いりょうじむ

医療事務のお仕事

医療事務の仕事内容・資格取得・年収などを解説しています。

医療事務とは?

 事務は主に女性の間で人気がある職業ですが、近年は男性が就くことも多くなってきました。クリニックごとに違いがありますが、医療機関における事務職であることに違いはありません。とはいえ、事務職といってもオフィスで働くビジネスマンと同じような仕事をするわけではありません。医療事務の仕事内容は多岐にわたりますが、黙々と進められるものは少なく、受付や会計などの業務もしっかりとこなしていく必要があります。

たとえば、受付業務ではクリニックにやってきた患者の対応をスムーズに行うことが大事です。保険証をあずかって問診票を書いてもらったり、医師のもとへ案内したりするなど、臨機応変に立ち回ることが基本となります。特に初めてクリニックを利用する患者については、カルテや診察券の作成といった重要な作業も必須です。

受診後の患者から支払いを受けることも医療事務の責務となっています。そして、忘れてはいけないポイントとして、診療報酬の点数付けが挙げられます。これこそが医療事務の中枢的な役割であり、クリニックの収益に直結する作業でもあるのです。医療保険の加入状況と照らし合わせつつ、料金を正確に出すことが必須の業務となっています。このようにレセプト業務を正確に遂行できる能力も不可欠です。

そのためには、健康保険組合について調べたり、制度の改定などについてもアンテナをはっておく必要があります。レセプトをしっかり用意できなければ、診療費用の請求を適切に行うことが困難になります。病気の種類や使われた薬などに基づき、診療報酬点数を正確に割り出せるようになることが必須です。

さらに、患者が来院の最初と最後に接する相手が医療事務担当者という点も忘れてはいけません。自分が与える印象が、クリニックに対して持たれるイメージに直結します。クリニックの顔といっても過言ではない立ち位置であり、常に目の前の心に寄り添って行動することが求められます。

病院に来院する方は、怪我をしている又は体調を悪くしている場合がほとんどですので、多かれ少なかれ不安を抱えているはずです。体が思うように動かないことにストレスを覚えている人もいるでしょう。そういった人たちにも安心感を持ってもらえるように、優しく対応することが優先事項となっています。

子どもに対して怖い印象を与えてしまうと、次回から来院を拒否するようになりかねません。つまり、接客も医療事務の重要な仕事の一つであり、コミュニケーションの技術に関しても高いレベルが求められます。適切な言葉遣いを習得するだけでなく、温和な振る舞いや笑顔も身につけなければなりません。

医療事務になるためには?

 これから職業として目指すにあたり、「医療事務に必要な資格は?」という疑問を抱く人も多いでしょう。実は単独の国家資格が存在しているわけではありません。基本的には4つの民間資格だけで構成されているので注意しましょう。
その代表ともいえるのは医療事務技能審査試験です。この試験では、クリニックなどの受付業務に関するスキルや診療報酬請求事務などについて問われます。規模がとても大きなことも特徴であり、主催しているのは日本医療教育財団です。長い歴史の中で問題が練り上げられ、医療事務で必須となる知識を備えているのか判定が可能となっています。
さらに、医療事務管理士技能認定試験と呼ばれる資格も知名度ではでは負けていません。出題範囲が幅広いことも有名であり、医療保険のみならず診療報酬についても熟知していないと、高得点を取ることは困難です。診療報酬請求事務能力認定試験は、診療報酬請求事務に携わるスタッフの質を向上させるために設けられました。法律の知識や読解力も試されるなど、上記の2つとは毛色が違っている点も少なくありません。医療事務認定実務者はマナーなど接客にも重点が置かれているという特徴があります。医療事務の慣例を知りたい人にも適しているでしょう。このように4つの試験ごとに特徴が異なるので、試験が設立された目的などを理解したうえで、計画的に対策していくことが大事です。

医療事務の将来性は?

 また、医療事務を自分の職業として捉える場合、今後のことが気になるは当然といえます。医療事務の将来性には明るい見方と暗い見方の両面があるので、それを踏まえて準備を進めなければなりません。明るい見方としてポイントになるのは、社会の高齢化によってクリニックの需要がさらに高まることです。そのため、医療事務の業務も増えることが予想され、それを行える人材は重宝されると考えられています。一方、暗い見方として挙げられるのはAIによる自動化です。医療事務の仕事のうち、AIでも可能な内容は少なくありません。計算関連のものは大部分を置き換えることが可能でしょう。そういう意味では仕事が減るリスクもあるため、他の点でAIと差別化を図ることが求められます。積極的に接客のスキルを磨いたり、他の医療系資格も取得したりするなど、自分の市場価値を高めることが、未来のためになるでしょう。

医療事務の求人も多数あります

 公開求人数は99000件以上、地域・職種・年収などから求人情報が検索できます。自分で探す以外も、エージェントサービスやスカウトサービスなどを活用し転職活動が行なえます。

STEP.1
仕事を探す

まずはお仕事検索してみましょう!

STEP.2
応募書類作成

テンプレートがありますので安心、またガイダンスに沿って簡単に職務経歴書が作れます。

STEP.3
応募

気になった求人に応募してみましょう!

STEP.4
面接→入社

入社後も困ったことがあれば相談できます。

ご利用はこちらからどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です