自動車整備士 – じどうしゃせいびし

自動車整備士のお仕事

自動車整備士の仕事内容・資格取得・年収などを解説しています。

自動車整備士とは?

 専門技術を用いながら自動車の隅々に至るまで点検をしたり、壊れている部分の修理や整備をするのが自動車整備士の仕事内容であり、快適に自動車を使用できるようにするのはもちろん、全ての人々が安全に暮らせるようにする役割も担っています。

自動車整備士は、整備工場にて入庫してきた自動車と向き合い必要に応じて作業をする印象が持たれているものの、実際にはドライバーが自動車に対して変調を感じた時に駆け付ける事例も稀有ではないですし、入庫してきた自動車の持ち主に対して専門性が高い事をわかりやすく伝える役割もあります。

壊れた所を修理したり、安心かつ安全に使用し続けられるように整備をする事例の他には、自動車の持ち主がより一層自動車を利用しやすくしたり愛着が持てるようにする作業にも従事します。

そのため、車内にカーナビを設置したりドレスアップさせられる装飾品の取り付けを行う事も珍しくないですが、自動車について熟知しているプロであるが故にカーナビや装飾品の取り付けに際しても自然な仕上がりにしてくれますし、より良くなる提案もしてくれます。

自動車整備士になるためには?

 高校を卒業した後に国が指定している自動車整備士を養成する施設に入るのが特に多い流れであると理解しておくと良く、国から認められている専門学校にて関係する基礎知識と技術を得た後、技能検定を受けて整備工場に就職をします。

このように専門学校に進学して受験資格を得て資格を手に入れる方法の他には、高校を卒業した後に認証工場もしくは指定工場にて働き始め、実務経験を経た上で受験資格を手に入れて試験を受け資格を得る術もあります。

働きながら受験資格を得る方法も用意されている様子から、整備工場が出している求人情報の中には資格を有していなくても見習いの形で採用してくれる事例も多く、見習いで採用してくれるのであれば収入を手にしながら資格勉強に励めます。

自動車は時代の様相や技術が結集されているのも特徴的なので、一言で自動車と言っても各年代によって大きく特徴が異なりますし、備わっている設備や仕組みなどにも差異があります。
現在の車両にて顕著なのは車両から排出される排出物の量を減少させる事や情報技術が駆使されている様子なので、自動車整備士の仕事内容としても環境面に目を向けたり情報分野に精通している必要性が高まっています。

また、車両を安心かつ安全に使用するにはまだ破損していなくても部品を交換する事例が多いため、まだ使用できる部品をリサイクルが可能な物として取り扱ったり、オイル交換により発生した古いオイルを正しく取り扱う必要もあります。

環境の事を思慮している整備士が在籍し活躍している整備工場は結果的に大勢のユーザーが支持されやすくなりますし、自動車に搭載されているコンピュータについても精通していれば、今後ますます密接になる自動車と情報分野において抜きん出る事ができます。
そして、従来の車両の仕組みはもとより先進的な仕組みに関するまで精通できるようになれば自動車整備士の将来性もより明るくなり、整備工場の他にも自動車ディーラーやカーショップなどでも働けるようになります。

中でもカーショップに関しては1つの店舗であらゆるメーカーの自動車を取扱し販売している様子から、様々メーカーの自動車に詳しい知識を持っていれば採用されやすくなるのはもちろん優れた人材として重宝される上、お客様からも支持してもらえます。

自動車整備士になるためには?と考える方に共通しているのは元来自動車について興味関心を強く持っている様子であり、既に個人的に車両に触れている機会が多いですが、自動車整備士になればますます自動車と向き合い続けられるようになる上に、日々入庫してくる車両が異なるので、新鮮な気持ちで整備業務が行えます。

しかも、自動車はドライブなどを楽しんだり小さな用事を目的にして使用する事例と共に、業務用など社会を成り立たせる目的でも使用されている特性上、安心かつ安全な自動車に仕上げる事は直接的に優れた社会の実現に着手している事にもなります。

そして自動車整備士の仕事内容には各級によって差異があり、2級を有していると整備全般に着手する事ができる上に、単独で車両を分解し整備が行えます。
最も上位に位置付けられている1級は自動車の種類に関わらず整備ができるのが特徴ですし、アドバイザーとしての能力も兼ねているので他の作業員を管理する管理者となって活躍する事もできます。

自動車整備士の年収は?

 自動車整備士の年収に関しては、令和元年度の自動車整備士の年収は厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、きまって支給する現金給与額(企業規模計10人以上)が「30万2000円」で、年間賞与・その他特別給与額が「78万4200円」ですので、平均年収は約440万円となります。

給与面以外でも、日々様々な車両や状況に向き合っていくほどに経験や知識、技術が蓄積されていき成長が実感できますし、お客様が普段大切にしている自動車に直接触れて作業をするが故に、感謝された時には非常に大きなやりがいを覚え、お客様から感謝されるのがやりがいになって長年にわたって自動車整備士として活躍し続けている方も大勢居ます。活躍の場も様々あり目指す価値は十分にある職業だと思われます。

自動車整備士の求人も多数あります

 公開求人数は99000件以上、地域・職種・年収などから求人情報が検索できます。自分で探す以外も、エージェントサービスやスカウトサービスなどを活用し転職活動が行なえます。

STEP.1
仕事を探す

まずはお仕事検索してみましょう!

STEP.2
応募書類作成

テンプレートがありますので安心、またガイダンスに沿って簡単に職務経歴書が作れます。

STEP.3
応募

気になった求人に応募してみましょう!

STEP.4
面接→入社

入社後も困ったことがあれば相談できます。

ご利用はこちらからどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です