乙5類危険物取扱者の独学(勉強期間は1週間)

乙種5類危険物取扱者

乙種5類危険物取扱者の資格を取得した時に実践した勉強方法を紹介しています。誰でも受験でき、ハローワークでの求人数は少ない国家資格ですけれど転職・就職の為に取得して見ませんか?

乙種5類危険物取扱者試験

乙種5類危険物取扱者試験は科目ごとに、それぞれ60%以上の点数で合格です。

平成30年度の合格率は66.1%で、前の過去3年を見ても60%台後半の合格率になっています。

危険物に関する法令の独学

乙種4類危険物取扱者の資格保有のため試験科目免除でした。

勉強方法は乙種4類の記事で解説しています。

基礎的な物理学及び基礎的な化学の独学

法令と同じで、乙種4類危険物取扱者の資格保有のため試験科目免除です。

こちらも勉強方法は乙種4類の記事で解説しています。

危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法の独学

乙種5類危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法(試験での問題数は10問)

性質並び消火の勉強方法は、危険物の物品名(危険物の名前)・品名(〇〇類など)・形状(色や液体、個体、結晶など)・溶解(水に溶ける、溶けないなど)・消火方法をノートにまとめて暗記しました。

例えばこんな感じです。

過酸化ベンゾイル – 有機過酸化物 – 白色粒状結晶で固体 – 水に溶けない – 有機溶剤に溶ける – 大量の水、泡消火剤で消火

ピクリン酸 – ニトロ化合物 – 黄色の結晶 – 乾燥さける – 冷水に溶けない – 熱湯に溶ける – アルコール、ベンゼン、ジエチルエーテルに溶ける – 有毒 – 大量の水で消火 – 火が付くと消火困難

だいたい15種類の物品を上記のようにまとめて暗記、後は過去問!過去問を繰り返しているうちに暗記(記憶)が定着します。

使用したテキスト・過去問題集

この本の評価
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(2.0)
値段
(5.0)
総合評価
(4.5)

このテキストを使って危険物の特徴などをノートにまとめました。何より値段が安いので助かります。模擬試験問題も付いています。


この本の評価
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(2.0)
値段
(2.0)
総合評価
(4.0)

過去問だけではなくテキストと問題の解説も収録されています。実際に私が受験した試験でも、このテキストの問題と類似の問題が出題されました。オススメです!


乙5の独学まとめ

乙5はしっかり勉強すればかなり短期間で取得できる資格です。

私も仕事をしながら、1週間1日1時間の勉強で合格することができました。80点(10問中8問正解)でした。

乙種5類危険物取扱者を取得すれば、第5類危険物(ニトログリセリン・ニトロセルロース・アジ化ナトリウムなど)を取り扱うことができるようになり、ハローワークでの求人は少なく(2019年5月にハローワークインターネットサービス求人検索で)転職・就職にも活用できるかわかりませんが、保有資格はふやせます!!

第5類危険物(自己反応性物質)

品名(区分) 代表的物品名 指定数量
有機過酸化物 過酸化ベンゾイル
エチルメチルケトンパーオキサイド
第一種自己反応性物質10kg
第二種自己反応性物質100kg
硝酸エステル類 硝酸メチル
硝酸エチル
ニトログリセリン
ニトロセルロース
ニトロ化合物 ピクリン酸
トリニトロトルエン
ニトロソ化合物 ジニトロソペンタメチレンテトラミン
アゾ化合物 アゾビスイソブチロニトリル
ジアゾ化合物 ジアゾジニトロフェノール
ヒドラジンの誘導体 硫酸ヒドラジン
ヒドロキシルアミン
ヒドロキシルアミン塩類 硫酸ヒドロキシルアミン
塩酸ヒドロキシルアミン
その他政令で定めるもの アジ化ナトリウム
塩酸ヒドロキシルアミン硝酸グアニジン
前各号のいずれかを含有するもの

危険物取扱者に関するその他の記事

乙4類危険物取扱者の独学(勉強期間は1ヶ月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です