タクシー運転手 – たくしーうんてんしゅ

タクシー運転手のお仕事

タクシー運転手の仕事内容・資格取得・年収などを解説しています。

タクシー運転手とは?

 タクシー運転手といえば、街中を回って乗車を希望する乗客を乗せ、目的地に向かって運転をして運ぶ職業として知られています。

タクシー運転手の仕事内容は勿論、安全に希望する目的地へと乗客を送り届けることで、それこそがまさにタクシー運転手に求められる主な業務です。

ただ、実際には車両の点検や運転手自身の健康チェック、点呼や安全運行の確認に接客の注意点の確認など、業務開始前の仕事も沢山あります。会社によっては多少内容が異なりますし、個人タクシーの運転手となれば更に違う部分も出てくるでしょう。しかし、車両や健康チェックなど業務前の確認などは、基本的な事ですので行わないタクシー運転手の方が珍しいです。

営業が開始以降の業務は、乗客を探す移動が中心で、乗客が拾いやすいと考えられる中心街やビジネス街が移動先となります。乗客を乗せて目的地に到着した後も、同様の手順で次の乗客を探すのが基本形です。

ある程度決まったルートを巡回する乗客待ちのパターンの他にも、乗車希望者が列を作るような場所で待機する方法もあります。

いずれにしても、タクシー運転手にとっては乗客を乗せる時間が収入に直結するので、1分1秒でも無駄にしないように効率的な運行を心掛ける必要があります。

運転はただでさえ集中力を使うので、乗客を乗せて安全運行を心掛けなければいけないタクシー運転手のストレスは思いの外大きいです。その為、昼食を含めて休憩をとる事もタクシー運転手の仕事の1つと考えていいでしょう。具体的な休憩時間は勤務時間の長さや個々の判断にもよりますが、フルタイムで働く人は1日あたり1時間以上の休憩をとるのが普通です。

タクシー運転手の仕事内容はこのように、巡回して乗客を拾い目的地に送り届ける繰り返しですが、乗車率をアップさせる工夫をしながら取り組み収入につなげる事が基本となります。

タクシー運転手になる為には?

 普通自動車免許に加えて、普通自動車第二種免許が必要です。普通自動車第二種免許は、営利目的で乗客を乗せて旅客運送を行う業務に必要となる資格で、タクシー運転手以外にもハイヤー、運転代行の業務にも欠かせないものです。普通自動車免許は旅客運送を伴わない車の運転が認められる資格なので、これだけでタクシー運転手になったり業務を行うことはできないです。

第二種免許取得の条件は、満21歳以上で他の第二種運転免許を受けているか、普通自動車を含むいずれかの自動車の第一種免許を通算して3年以上持っている事です。つまり、普通自動車免許を取得している人であれば、年齢次第で第二種免許の取得が狙えますし、タクシー運転手への道がひらけることになります。

視力の要件が大型や中型同様に厳しくなっていますが、やはりこれは乗客を乗せて運転をする業務に必要な資格だからです。第二種免許は第一種免許に比べて合格率が半分と、相応に難易度が高いものとなっています。第一種免許の延長線上のつもりで合格できるほど簡単ではないので、しっかりと勉強してから試験に臨み合格を目指す事になります。

タクシー運転手の年収は?

 タクシー運転手の年収に関しては、令和元年度のタクシー運転手の年収は厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、きまって支給する現金給与額(企業規模計10人以上)が「28万1700円」で、年間賞与・その他特別給与額が「19万5400円」ですので、平均年収は約357万円となります。

タクシー運転手の将来性は?

 自動運転車が普及する頃には、有人のタクシー運転手の需要はかなり減っている可能性があります。ただ、自動運転の技術は発展途上で、完全に運転手が不要になるのはまだまだ先の話ですから、当面はタクシー運転手が不要になる状況は発生しないでしょう。

それとタクシー運転手の業務を自動運転に置き換える難易度は誰もが思う以上に高いので、10年や20年で自動運転技術が社会的に安全と認められるレベルにまで進化するかは未知数です。
現状では、タクシー運転手の高齢化と少子化によって運転手不足が発生していますから、就職や転職に困ることはありませんし、健康に問題がなければ長く続けられる仕事です。

自動運転が主流になる未来が訪れるとしても、地方ではまだまだタクシー運転手の需要がなくなる事はないと予想されます。

タクシー運転手は人に役立ち喜ばれる仕事なので、やりがいを感じながら働く事ができる職業です。運転手自体の将来性は未知数ですが、車の運転は人間に任せたいというニーズがある限り、ハイヤーのような形で仕事が続けられる可能性が高いでしょう。

運転手の求人も多数あります

 公開求人数は99000件以上、地域・職種・年収などから求人情報が検索できます。自分で探す以外も、エージェントサービスやスカウトサービスなどを活用し転職活動が行なえます。

STEP.1
仕事を探す

まずはお仕事検索してみましょう!

STEP.2
応募書類作成

テンプレートがありますので安心、またガイダンスに沿って簡単に職務経歴書が作れます。

STEP.3
応募

気になった求人に応募してみましょう!

STEP.4
面接→入社

入社後も困ったことがあれば相談できます。

ご利用はこちらからどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。