保育士 – ほいくし

保育士のお仕事

保育士の仕事内容・資格取得・年収などを解説しています。

保育士とは?

 子供達にとって親や親族以外の大人と初めて親しく接するのが保育士という事例も少なくないですし、両親から子供を預かり、あらゆるお世話をする仕事という認識が強く持たれていますが、保育士の仕事内容は単に預かって時間までお世話をするのみならず、同時に色々な点にも目を向けアプローチを行っていきます。そのため、生活に関する多種多様なお世話をしつつも心と身体の成長を促進させながら、自分以外の人達とも手を取り合って生きていく社会性に至るまで養う事を目指します。

特に親と離れて過ごす時間が長くなるほどに、食事やトイレを利用する事、衛生や衣類の取り扱いなどを自分自身で行う必要性も高まる様子から、保育士は単独で過ごしていけるようになる事を適材適所でサポートしながら進めていきます。そして、出勤前に子供を預けて夕方頃に仕事が終わり次第迎えに行くという親が多い特徴から保育士の仕事内容は朝と昼、夕方といった3つに大きく分類する事が可能です。

朝に保育士が出勤をすると開園をする準備に着手し、まず子供達が過ごす部屋を換気しつつ掃除をしたり、1日の予定を確認する事などです。準備が終えられたら在籍している他の保育士達と集まって朝礼を行いつつ報告や連絡なども行い、開園時間になったらたら、次々と訪れる子供達を元気に迎えます。登園が完了したら朝の会を開き、朝の会では挨拶と共に出席確認を行いつつ1日が健やかに過ごせるように体操する保育園もあります。

体操をした後は個々が好きな事を見つけて遊んだり、皆で集まって安全を確保しつつ散歩に出かける事が多いですが、特別なプログラムが用意されている時にはプログラムを行います。個々が遊んだり散歩などをしながら次第に昼が近づいてくるとお昼ご飯を食べるべく手洗いと共にうがいをしますが、保育士達は付き添い続けて手洗いなどをサポートするのではなく、一定の距離感をキープしつつ見守って必要であると感じられた時に正しい手の洗い方やうがいの仕方などを教えます。

一定の距離感を保ちつつ見守るのはお昼ご飯を食べる段階にも当てはまり、保育士もお腹が空いているものの食事をしている子供達の様子を常に見続ける必要があるので、食事をしながらも細部に関するまでじっくりと目を向け続けます。食事をした後は個々が自分が使用した食器などを片付け、片付けた後は歯磨きをしたりトイレを使用しつつ布団の準備を行い布団の上でしばらくお昼寝をします。お昼寝をしている時にも引き続き緊張感を持って目を向け続ける事が大事ですが、活動的に過ごしている時よりも保育士が個人的に作業をする時間が確保しやすい特性上、お昼寝の時間を活用して連絡帳に情報を記したり会議に出席します。

お昼寝を終えると皆再び元気が溢れている様子になるため、天気が良ければ外の敷地内で体全体を使って遊んだり室内で遊び、遊んでいる段階で少しずつ親が迎えにくる時間が訪れるので、迎えに来た段階で自宅に帰宅です。
迎えに来る時間は親の仕事などの時間も多いに関係するため個人差がありますが、皆が帰宅したら本格的に連絡帳などに情報を記す作業に注力し、記述の作業が一段落したら部屋の掃除や片付け、翌日の準備などをしつつ帰宅となります。

保育士になるためには?

こうした保育士になる為には、厚生労働省の指定する大学・短大・専門学校などの養成学校を卒業するする方法の他に、保育士試験を受験し合格する方法があります。保育士試験の受験資格は学歴で変わってきます。大学及び短大卒の場合は、保育と関係ない学部でも受験資格を満たしています。大学在学中や中途退学の場合は、62単位以上修得して在学期間が2年間以上あれば保育と関係ない学部でも受験資格を満たしています。

専門学校卒業の場合は、卒業した学校が学校教育法に基づいた学校で、課程が修業年限2年以上の専門課程であれば保育と関係ない学部でも受験資格を満たしています。

高等学校卒業の場合は、一部は卒業年度によって変わってきます。まず1つ目は1991年3月31日以前の卒業している場合は平成3年4月1日から受験資格が短期大学卒業程度に引き上げられた事による経過措置で受験資格があります。二つ目は平成8年3月31日以前に高等学校保育科を卒業していれば受験資格があります。3つ目は高校を卒業後、児童福祉法第7条に基づく児童福祉施設で2880時間以上かつ2年以上児童の保護または援護に従事した勤務経験があれば受験資格があります。4つ目は受験資格認定基準に該当する施設や事業で2880時間以上かつ2年以上児童の保護または援護に従事した勤務経験があり、知事認定の受験資格認定の申請を行い受験資格認定の審査に通り、受験資格認定証が交付された場合ば受験資格があります。

中学卒業場合は、卒業後、児童福祉法第7条に基づく児童福祉施設で7200時間以上かつ5年以上児童の保護または援護に従事した勤務経験があれば受験資格があります。もう一つ目は受験資格認定基準に該当する施設や事業で7200時間以上かつ5年以上児童の保護または援護に従事した勤務経験があり、知事認定の受験資格認定の申請を行い受験資格認定の審査に通り、受験資格認定証が交付された場合ば受験資格があります。

保育士になるためには試験に合格した後に登録に関する手続きを済ませる必要があるので、忘れずに登録を済ませるのが大切です。

介護福祉士の年収は?

 興味関心を持っている方が気になりやすい保育士の年収に関しては、 令和元年度の保育士の年収は厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、きまって支給する現金給与額(企業規模計10人以上)が「24万4500円」で、年間賞与・その他特別給与額が「70万0600円」ですので、平均年収は約363万円となります。資格を手にした上で活躍をする仕事であるが故に年収と月収が共に高めですし、保育士に興味関心を持つ人が多いのは独自のやりがいなどがある様子も関係しています。

保育士に共通しているのは元来子供と接する事や成長をしていく様子を見届けるのが好きである点であり、仕事という1日や人生の中で従事する時間が取り分けて長い事だからこそ、十分に子供達と接する事が可能です。
しかも、保育園に通っている子供達は自分自身の事を先生として呼びつつ接してくれるので、働いていく中で色々な事があっても継続的に高い充足感を得ながら活躍しやすいです。

尚且つ、保育士の仕事内容は親に情報を伝える事も大事な事なので、子供だけに限らず大人とも接する時間や機会があるのも働きやすい理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です