理学療法士(PT) – りがくりょうほうし

理学療法士のお仕事

理学療法士の仕事内容・資格取得・年収などを解説しています。

理学療法士とは?

 リハビリテーションの分野に位置付けられている法律に則った専門職が理学療法士で、理学療法士は医療機関やクリニックなどに限らず介護施設または福祉施設で働く事例も珍しくないですし、スポーツチームもしくは個人選手をサポートする事例もあります。そのような理学療法士の仕事内容は、病気もしくは怪我によって身体を動かす事が困難になった方や先天的に自由に動かせない方、今後動かしにくくなる事が予想されている方に向けて運動療法と共に物理療法も活用してリハビリをします。

人間が動く事はとても範囲が広い意味を持ちますが、理学療法士において特徴的なのは着座や直立、歩行といった基本的な動作をメインとして見つつ維持または回復をきっかけにして、日常生活が送れる事をサポートしていく様子です。また、一言で障害と言っても様々な種類が存在している上に同じ障害でも個人差が大きくなりやすい様子から、理学療法士は医学的な視点と社会的な視点から個々の状態をきっちりと見て目標やプログラムを立てていきます。

こうした理学療法士に近い仕事としてあるのが作業療法士ですが、理学療法士の仕事内容が大きくて基本的な動きを対象にしているのに対し、作業療法士は食事やトイレ、家事や他者とのコミュニケーションなどを対象にしているといった差異があります。そのため、理学療法士によるサポートを受けつつ大きな基本的な動作を得る事ができた後に、作業療法士によるサポートで応用力を付けたり社会に適応できるリハビリをしていきます。

理学療法士になるためには?

 国家資格を用いてリハビリのサポートをしていく理学療法士であるが故に国家資格を手にする必要がありますが、試験は受験の条件が満たせた方のみが受けられる仕組みです。理学療法士になるためには理学療法士になる事を目的にしている養成学校に通学し、定められているカリキュラムを学んで卒業や卒業見込みを果たす必要があります。

養成学校は全国各地に280校前後が点在しているので通学する学校が決めやすいですし専門学校の他には短大や大学などもあり、卒業をするまでに要する年月は3年間や4年間といった違いもあります。国家資格なので国家試験ならではの様相ですが、合格率は安定的に高く推移している状態なので身を置いて学びを深めている場にて得た事をきっちりと身に付けておくと、しっかりと合格が手に入れられます。

理学療法士の有資格者になった場合に活躍する現場はこれまでと同じく医療機関やクリニック、福祉施設や介護施設が多いものの今日では保健福祉センターまたは訪問介護の事業所でも活躍する事例が増えてきていますし、需要の高まりを受けて今後はより一層多岐にわたります。健康な人にとっては常に無意識的に行う事ができている動作であっても、病気もしくは怪我などにより自由の動かせられなくなった方にとっては負担になりますし、身体が自由に動かせなくなると生活が不便になるのみならず心理面にも関わります。

理学療法士の仕事内容に則ってサポートをすれば、次第にもう一度身体が自由に動作させられるようになって再び人生を歩む事の楽しさに浸れるようになり、心身ともに前向きになっていく様子が間近で見られるのは理学療法士ならではです。しかも、リハビリのサポートを求めている方は身体の動きに合わせて心理面でも様々な悩み事や不安感を持っている事が多いため、個々によって違う悩み事や不安感が解決できる方法を考えて実践し良い変化が見られれば、患者さんと共に手を取り合って喜ぶ事もできる上に、感謝の気持ちも伝えてもらえます。

理学療法士は国家試験を受験する条件を満たしつつ試験に合格すれば実際に働く事ができますが、ますます現場で頼りにされたり患者さんから信頼してもらえる理学療法士になるには、相手の気持ちに優しく寄り添って考えを行動に移せる人がより良いです。
身体がこれまでのように動かせなくなった場合には不自由さが関係して気持ちも落ち込んでしまいやすく、理学療法士のアプローチとは裏腹に気持ちが乗らない事例も稀有ではないので、個人差がある心情を察しつつ前向きにより良い状態になれるように導いていける方が頼られます。そういった様子から他者とコミュニケーションを取るのが好きな方はますます重宝されて信頼も寄せてもらえますし、実力などが認められて活躍ができるフィールドも広げやすくなります。

理学療法士の年収は?

 理学療法士の年収は男性と女性によって差異があり、男性は422万円であるのに対し女性は394万円ですが、活躍ができる現場の幅が広いが故に医療機関とスポーツシーンでは金額にも差が起こりやすい点を念頭に置いておきましょう。そして医療機関とスポーツシーン、介護施設など活躍をする現場が違っていても理学療法士が働く上で念頭に置いておくべき事として挙げられるのが、しっかりとした目標を定める事と広い視野を持つ事です。

目標を定めて広い視野で物事を見つつ、じっくりと向き合っていけば患者さんはより心を開いてくれるようになる上に、正しい動作で順調に健康体に戻っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です