失業保険(雇用保険失業給付金)の受給方法

雇用保険失業給付金

失業保険(雇用保険失業給付金)手続きの方法、受給条件(会社都合・自己都合)、支給日、給付額などを解説していますので、よろしければ参考にしてください。

失業保険の受給要件(受給資格)は?

失業保険は誰でも支給されるわけではなく、支給には一定の条件があります。

  • 就職しようとする意思・能力があるのにもかかわらず失業中の状態であること
  • 退職日より過去2年間に被保険者期間が通算して12ヶ月以上であること。
  • ハローワークで求職活動をおこなっていること(働く意思がある)

要件(受給資格)を満たしていない方

  • 病気・怪我・妊娠・出産・育児のためすぐには就職できない方
  • 専業主婦になり就職することができない方(働く意思がないとみなされます)
  • 定年退職してく休養しようと思っている方(働く意思がないとみなされます)

病気・怪我・妊娠・出産・育児

病気・怪我・妊娠・出産・育児のためすぐには就職できない方は、働くことのできなくなった日数だけ、受給期間を最長で3年間延長することができますので、体調回復後に働く意思がある方は受給期間の延長手続きをしましょう。

不正受給は絶対にだめ

就労(アルバイトやパートも含む)の事実を隠したり、実際はしていないのに求職活動をしているなど偽りの申告を行い受給することは不正受給になり、受給した金額の返還や、それとは別に、支給を受けた額の2倍に相当する額の金額の納付が命ぜられる事もあります。不正受給は絶対にやめましょう。

失業保険の受給期間や受給額は?

失業保険の受給額は、基本手当日額×給付日数です。

基本手当日額って?

基本手当日額(基本手当の日額は退職日の前の6ヶ月分の給料 ÷ 180)の45%~80%になります。(%)ですが、年齢や賃金により変わってきます。賃金の低い方は高い率、高い方は低い率になります。

基本手当日額の上限額は?

30歳未満の方 6815円

30歳以上45歳未満の方 7570円

45歳以上60歳未満の方 8335円

60歳以上65歳未満の方 7150円

になります。

自己都合で退職した場合の受給期間・給付日数は?

    65歳未満の方で

  1. 被保険者であった期間が1年未満の方は0日です。
  2. 被保険者であった期間が1年以上で5年未満の方は90日です。
  3. 被保険者であった期間が5年以上で10年未満の方は90日です。
  4. 被保険者であった期間が10年以上で20年未満の方は120日です。
  5. 被保険者であった期間が20年以上の方は150日です。

会社都合で退職した場合の受給期間・給付日数は?

    65歳未満の方で

  1. 被保険者であった期間が1年未満の方は90日です。
  2. 被保険者であった期間が1年以上で5年未満の方で30歳未満の方は90日、30歳以上35歳未満の方は120日、35歳以上45歳未満の方は150日、45歳以上60歳未満の方は180日、60歳以上65歳未満の方は150日になります。
  3. 被保険者であった期間が5年以上で10年未満の方で30歳未満の方は120日、30歳以上35歳未満の方は180日、35歳以上45歳未満の方は180日、45歳以上60歳未満の方は240日、60歳以上65歳未満の方は180日になります。
  4. 被保険者であった期間が10年以上で20年未満の方で30歳未満の方は180日、30歳以上35歳未満の方は210日、35歳以上45歳未満の方は240日、45歳以上60歳未満の方は270日、60歳以上65歳未満の方は210日になります。
  5. 被保険者であった期間が20年以上の方で30歳未満の方は – 日、30歳以上35歳未満の方は240日、35歳以上45歳未満の方は270日、45歳以上60歳未満の方は330日、60歳以上65歳未満の方は240日になります。

失業保険の手続きの方法

STEP.1
退職

退職した会社から雇用保険被保険者・離職票1・離職票2が届く(又は取りに行く)

STEP.2
ハローワークへ

現住所を管轄するハローワークに行き「求職の申込み」を行い以下の書類等を提出する。

持参する書類

雇用保険被保険者証

離職票(1、2)

個人番号が確認できる書類(通知カード・個人番号記載の住民票・マイナンバーカードの内、いずれか1つ)

身分証明書 運転免許証・マイナンバーカード・医療保険の被保険者証の場合は写真2枚(正面上半身、縦3.0×横2.5)も必要
など

印鑑

本人名義の通帳又はキャッシュカード

※ 16時前に行きましょう

(手続き可能時間は月曜日~金曜日の8時30分~17時15分です。)

STEP.3
受給資格の決定

受給要件を満たしているかを確認され受給資格の決定が行われ、また自己都合退職か会社都合退職かの離職理由についての判定も行われます。

STEP.4
初回説明会

ハローワークの指定日時に雇用保険受給者初回説明会が開催されます。

雇用保険の受給についての説明をなどがあり、第一回目の「失業認定日」を知らされますので。必ず参加しましょう。

STEP.5
失業認定日

失業認定申告書の提出、認定手続き

自己都合退職の場合は7日間の待機期間(失業中かの調査)満了後、3か月間は給付制限により給付金(基本手当)が支給されません。

STEP.6
給付金(基本手当)

認定日から約1週間ほどで給付金が振り込まれます。

失業保険に関するその他の記事

ケースワーカーの体験談(失業保険と生活保護)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です